製品情報

設備/システム

臨床ケース ニーズにそった臨床物を数点準備致します。

お取引の流れ お問い合わせ~完成までの流れをご紹介。

Ivoclar Vivadent Programat EP5000

Ivoclar Vivadent Programat EP5000

e.max上写真

プレスとセラミックスファーネスの両方に使用できるコンビネーションファーネス器です。
この新しいテクノロジーは、安全で信頼できる焼成とプレス過程を約束します。

QTKマッフルテクノロジーの採用により、従来以上にムラのない熱放射が可能。
IPF(インテリジェントプレスファンクション)搭載の新型プレスドライブによって
優れた修復物をスピーディーに作製します。
さらに、CDS(クラック検知システム)によって早期段階でクラックを検知、
プレス工程をストップし、補綴物の破損を最小限に抑えます。

特徴
高強度 (400MPa) と高い審美性
MI 修復で、正確に適合する修復物
支台歯のシェードに関係なく、天然歯のような審美性と色
VitaClassical,IvoclarChromascop、その他全シェード対応
適応例
前歯、臼歯を審美的にしたい症例
支台歯がきれいな場合、ファイバーコアーの場合に最適
金属を使わないため、体に優しい『安心・安全な』
補綴-金属アレルギーの患者さん向け
アンチエージングを方針のひとつに取り入れられている診療所の第一選択肢
材質
ニケイ酸リチウムガラス
色調
VitaClassical,IvoclarChromascop その他全シェード対応
注意点
マージン形態はディープシャンファーもしくはショルダー
金属アレルギーの症例に使用する場合はレジンセメントに要注意検査確認した上で
御使用下さい
必要形成量順守
必ずレジンセメント使用
禁忌症例
ナイフエッジ及び1mm以内の厚みは不適
詳しい内容をPDFファイルでご覧いただけます。

Kavo Everest® CAD/CAM Milling Center Sendai

〒981-3131 宮城県仙台市泉区七北田字町20-1 TEL. 022-372-6810 FAX. 022-375-3528

copyright(c) 有限会社 Kavo Everest® CAD/CAM Milling Center Sendai.All Rights Reserved. 歯科 ホームページ制作